2016年電子情報通信ソサイエティ大会で学会発表

2016/11/20

去る9月20日から9月23日に北海道大学で行われた、2016年電子情報通信ソサイエティ大会において、三田地研究室の島 康貴君が学会発表を行いました。2年前の先輩の奥津宏紀君と1年前の先輩の新井亮平君の研究成果の発表でもあります。

***************************************

コンピュータサイエンス学部三田地研究室4年 島 康貴です。
私は2016年9月20日に北海道大学札幌キャンパスで行われた電子情報通信学会にて発表しました。
論文のタイトルは「ソーラーパネルを用いた自立発電型防犯センサシステムの研究開発」というものです。

光ファイバを家の窓枠に設置して防犯センサに役立てようという研究です。既存の防犯センサはどろぼうに発見されやすく対策される恐れがあるため、どろぼうからは発見できない新しい防犯センサが必要なのでこの研究を行っています。窓枠に圧力が加わると光ファイバが変形し、中を通る光が強度変化するのでそれを読み取ることで窓枠に異常が発生しているということがわかります。

M1
発表終了後に先生と共に、札幌市内を散策した時の北海道庁旧本庁舎の赤レンガの写真です。

続きを読む "2016年電子情報通信ソサイエティ大会で学会発表"

人工知能のコンテストで優勝

2016/11/03

田胡・柴田研究室の柴田です.
ICGI2016 という国際会議があり、Sequence PredIction ChallengE
と呼ばれる機械学習(人工知能)に関するコンテストが行われました。
このような学術的なコンテストは、国際会議で、しばしば併催されます。
参加者は、登録者数約 65 チーム, 参加者数 17チーム, 最終提出者数 12 チーム
で、日本、中国、ヨーロッパ等、世界中の研究機関(主に大学)から集っていました。

そのコンテストでなんとまた優勝しました!
コンテストコンテスト
オランダのデリフトというところで会議があったのですが、
優勝者トークを行ってきました。
また、細かいことですが、
優勝賞品としてオランダの伝統工芸?のお皿や、優勝賞金として500ユーロなど、
いろいろいただきました。
日本語なのでこのブログは読んでないだろうけど、
会議のオーガナイザーの方、ありがとうございます。m(__)m

P2

左から、コンテストのオーガナイザーの方、私、Jeffrey Heinz 先生 (Delaware 大学;
用いた手法の共同研究者)です。

続きを読む "人工知能のコンテストで優勝"

前期卒業式

2016/09/20

ご卒業おめでとうございます

9月12日、コンピュータサイエンス学部 前期卒業式が行われました。

学位記は亀田学部長から卒業生1人1人に手渡されました。

「時間がかかっても諦めないでやり遂げることが自分の力になる。
最先端のコンピュータサイエンスを学んだ君たちなら、社会にでてもめげないでがんばれるでしょう。先生たちは応援しています。ご卒業おめでとうございます。」

と、亀田学部長からのあたたかいメッセージが送られました。

5年後10年後に、また東京工科大学にきて教員や後輩にお話し聞かせてください。

卒業生と教員との記念写真
Image001


笑顔で最後に1枚📷✨


ご卒業おめでとうございます!!

Image002

香りを測り、分子情報を可視化してみよう!

2016/09/12

8月28日にオープンキャンパスが行われました.研究室公開を行った杉本研究室の様子です.

8月最後の日曜日は雨模様でしたが、工科大のオープンキャンパスが開催され、杉本研(香りセンシングと表面科学研究室)の研究室公開を行いました。
香りに対する嗅覚による様々な評価方法を体験し、香りセンサにも触れてもらいました。ご来室いただけた方々、ありがとうございました!
研究室の飾り付けにはじまり、機材やサンプルの準備や装置の調整など、いろいろ大変でした。特に今年は、直前に卒業研究の発表会があったので、大忙しでした。

S1

研究室で取り組んでいる香りセンシングと関連させて、次のような7つの体験イベントを用意しました。

1)アロマのシュートでニオイ当てクイズ
アロマシューター®という、アロマを鼻めがけてショットする発香器に親しんでもらいます。これは、アロマ付きパーソナル空気砲と言えるもので、6種のアロマをピンポイントでお鼻にシューしてくれる優れもので、PCのモニタでシューのタイミングを確認しながら、アロマの種類を当ててもらいます。

S2

何の香りがしたかを回答してもらいます。全問正解したら、ささやかなチョコのプレゼントをお出ししました。30名のうち全問制覇したひとは4名でした。1,2ヵ所の間違いがほとんどでした。

2)嗅覚による茶葉の香りの感性評価
5種類の茶葉を嗅いで、安心感・華やかさ・透明感・そう快感の4つの項目で点数を付けてもらいます。これらの評価点をPCに入力してもらい、茶葉の間の距離を計算させます。その結果を地図化し、香りの印象から茶葉の類似性を目で見て判断できるようにします。

続きを読む "香りを測り、分子情報を可視化してみよう!"

プロジェクト実習テーマQ(その3)

2016/09/02

 こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。コンピュータサイエンス学部のプロジェクト実習という授業ではでは、4月から7月にかけて週1回5時間の日程で「何でもいいので好きなものをコンピュータで作る」という課題(?)に取り組んでおります。動きをとらえるモーションセンサーを使うことだけがルールになっていますが、今年度の3作品目もかなり怪しいです。

P3_1

 ペットボトルとおぼしき物体の手前に、丸いお皿のような何かが置かれています。そして、お皿の中央にはモーションセンサを使った電子回路基板が多分セロテープで止められています。(実はこれは新型のドローンで、ペットボトルを載せて離陸したら相当おかしいと思います・・・)

P3_2

 この作品の正しい使い方はこちらになります。一番右側の人物が先ほどの何かを両手で持って運んでいます。そして、「お皿の形をした何か」の上にはペットボトルが乗っています。・・・これは「お茶くみ」です! モーションセンサが「お茶の運ばれ方」を鋭く見張り、運ぶ人がどの位の達人(?)であるのかを厳しく採点するという、実用性があるのかないのか良く分からないシステムです。ちなみに320万点以上で魔王、260万点でプロのウエイター、100万点だと適性ゼロなのだそうです。(得点が超インフレしているあたりがディスガイアっぽいです)

続きを読む "プロジェクト実習テーマQ(その3)"

プロジェクト実習テーマQ(その2)

2016/08/19

 こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。コンピュータサイエンス学部の3年次科目であるプロジェクト実習では、4月から7月にかけては「好きなものをコンピュータで作る」という課題(?)に取り組んでおります。動きをとらえるモーションセンサーを使うことだけがルールらしいルールですが、例年なかなかデタラメなものが制作されております。さて、今年度の2作品目はこちらになります:

P2_1

 で、これは何なのでしょうか? どうやらベルトのようなものにセンサとコンピュータが取り付けられているようです。赤と黒の怪しい配線が伸びていることからも、相当に怪しい作品であると思われます。(実は単に電池を接続するための電線だったりします)

P2_2

 そして、この作品の正しい使い方はこちらになります。どうみてもただの光るベルトなのですが、発表会での説明によれば、これはセグウェイのシミュレーターなのだそうです。体を前後左右に傾けた時の重心移動をベルトに取り付けられた加速度センサーがとらえ、とても不安定そうな二輪車がパソコン画面上を走る(注:発表会では決して走ってはいませんでした。敢えて言うならば、怪しくその場でとてもゆっくりと自転していました。)という作品です。そして、ゲーム画面内を走行中に何かと衝突すると、とてもここでは言えない危険がグラフィックスが炸裂する仕組みです。

続きを読む "プロジェクト実習テーマQ(その2)"

8月7日のオープンキャンパスは大盛況でした!

2016/08/10

コンピュータサイエンス学部広報担当です。

8月7日(日)に八王子キャンパスで夏のオープンキャンパスを開催しました。

この1-2週間の暑さで、34度を超えるとても暑い中、東京工科大学を志望されているたくさんの方に足を運んでいただきました。
どうもありがとうございます。

当日の様子をお伝えします。


[学部説明と模擬授業]

まず初めに、亀田学部長からの学部説明では、ICT技術が今の世の中にどのように役立っているか、そして、今後体系的なICT技術を身に付けたエンジニアが世界の発展に必要不可欠であることを、身近な事例や最新の動きとともに伝えられました。

その上で、体系的なICT技術の基盤を身につけるためのコンピュータサイエンス学部のカリキュラムやコースがどのようになっているか、そして、そのような教育の結果として生まれる、研究上の成果や学生の活躍、質と量の両面での充実した就職状況についての説明がありました。午前中には部屋が満杯となり、急遽隣の教室で待ってもらい、2回目の学部説明回を行う盛況ぶりでした。

Dsc_3966

Dsc_3967

学部説明に続いて、「E-Health Care(良いヘルスケア)アプリケーションの開発」ついて,生野先生より模擬授業が行われました。
コンピュータユニットの速さの実力やゲーム機の実力など、身の回りのPCの実力をベースに分かり易く説明が行われました。

Dsc_3976

Dsc_3979

続きを読む "8月7日のオープンキャンパスは大盛況でした!"

プロジェクト実習テーマQ(その1)

2016/08/02

 こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。コンピュータサイエンス学部には、3年生を対象に1年間をかけて何かを作り上げるプロジェクト実習という科目がありますが、この授業では、モーションセンサを使った作品を製作し、3年生の終わりに学会発表することを目指しています。その準備として、4月から7月までの4カ月間で、何でも好きなものを作って楽しんでおります。

P1_1

 今年は、まずはこれを投げることにしました。でも、ただこれを投げたのでは授業にはならないので、正しく投げているかどうかをセンサで調べることにしました。

P1_2

 腕時計型のセンサを右手につけて、あれを今まさに投げようとしています。思い切り投げるとセンサで計れる運動の範囲を超えてしまうため、できればそっと投げてほしいものです。適切なスピードと、流れるようなスムースさが完璧に揃ったとき、伝説の何かが出現するのだそうです。

P1_3

 まずはめでたく大学内での発表会が終了いたしました。皆様半年間お疲れさまでした。

 この後、いよいよ学会発表に挑む作品へと移りますが、今年は一体何が製作されるのか? 来年3月のゴール地点でお会いしましょう。尚、昨年度に何が起きたかの顛末は、東京工科大学コンピュータサイエンス学部の動画サイトにて、謎のナレーションとともに公開いたしております。

 それではまた!

Soichiro C. Matsushita (今年の夏は、テイルズの新作かな・・・)

続きを読む "プロジェクト実習テーマQ(その1)"

「朝の調べ」のまわりに学生さんがたくさん

2016/07/29

7月下旬、東京工科大学八王子キャンパス、外気温29℃.
7月22日に配信されてから、外は暑いのにキャンパス内を歩いている学生さんが多いです! バスの中もポケモンGOの話題。
学生さんに聞いてみると、
「工科大、ポケモン集まってるから、たくさん捕まえられますよ!」
と言われました。

早速、キャンパス内でポケモンGOを起動してみました。
研究棟Aと研究棟Bの周辺、ポケストップが並んでます!

A1

A2

よく見ると、ポケストップに花びらのようなエフェクトがかかっています***❁**
このエフェクト、ルアーモジュールというアイテムを使ったらでます。
ルアーモジュールを使うと、使ったポケストップ周辺にポケモンが集まる効果が(*´˘`*)♪
平日の日中はずっと誰かしらかがルアーモジュールを使ってるようです!

東京工科大学内のポケストップはこちら★
東京工科大学、東京工科大学本部棟、マクドナルド片柳学園店、Foods Fuu、すこやか、菫風、躍進、涼風、朝の調べ、アリア、手をあげた女、手をあげた女、Friendship、足をあげた女、瞭、メディアホール壁面。
よくルアーモジュールが使われているのは、東京工科大学、朝の調べ、手をあげた女の3つです。
近くまでいって、アイテムをゲットしましょう!


続きを読む "「朝の調べ」のまわりに学生さんがたくさん"

7月17日のオープンキャンパスも盛況でした!

2016/07/25

コンピュータサイエンス学部広報担当です.

7月17日(日)に八王子キャンパスで夏のオープンキャンパスを開催しました.
東京工科大学を志望されているたくさんの方に足を運んでいただきました.
有難うございます.

当日の様子をお伝えします.

[学部説明と模擬授業]

学部長の亀田先生による学部説明では,ICT技術が今の世の中にどのように役立っているか,そして,今後体系的なICT技術を身に付けたエンジニアが世界の発展に必要不可欠であることを,身近な事例や最新の動きとともに伝えられました.

その上で,体系的なICT技術の基盤を身につけるためのコンピュータサイエンス学部のカリキュラムやコースがどのようになっているか,そして,そのような教育の結果として生まれる,研究上の成果や学生の活躍,質と量の両面での充実した就職状況についての説明がありました.
Dsc_3354

Dsc_3355_2


学部説明に続いて、松下先生の模擬講義で,ウェアラブルコンピュータについての話がありました.

世の中のウェアラブルコンピュータの動きを振り返りつつ,松下先生が開発中の楽しいウェアラブル端末のデモを行ない,聴講していた人の興味を強く惹きつけるとともに,何度もの笑いの渦が起きていました.
そして,最後には,医療IOTという視点で,世の中に役立つためのウェアラブルコンピュータの開発と開発機のデモを行ないました.

Dsc_3367

Dsc_3369

続きを読む "7月17日のオープンキャンパスも盛況でした!"

«宮城県立仙台第一高等学校の生徒さんがニオイ研究の調査で来校