« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/18

ポスター発表

2010/02/18

こんにちは zzz... (CS教員)です。

高校生の中にも、大学院進学に興味を持っている人は多いと思います。東京工科大学でも、大学を卒業して大学院の修士課程に進む人が増えているのです。

そして今日、大学院生活の中でも大切なイベントがありました。

修士1年生の締めくくりの研究企画発表会です。学生はドキドキだったと思います。しかし、実は私たち教員も今年はかなりドキドキしていました。なぜなら、「ポスター発表」の形式で発表会をするのは今年が初めてだったからです。初めての企画を実行に移すのはどんなことでも大変なことです。

ポスター発表は、自分が作成したポスターの前に立ち、自分の研究について説明をしたり、質問を受けたりします。大人数の前で話すプレッシャーが無い分、少しリラックスして発表できますが油断をしてはいけません。なぜなら、聞きに来た人とじっくりと時間をかけて深い議論をするわけですから。持ち時間は1時間。先生から厳しい指摘を受けた学生もいたかも。。。

P1000595

結果は、写真のようにとても盛況でした。

予想以上に盛り上がり、もっと学生の発表を聞きたかった!という先生も多数いらっしゃいました。まずまず成功だったのではないでしょうか。手前味噌ですが。

先生の間では、「ポスター発表なのでお茶菓子が欲しいなー」などという感想も。学会のポスター発表では、お茶菓子がでることも多いのです。それでそのような感想が出たのでしょう。ポスター企画、思い切って実施してよかったと感じています。

さて、修士過程は2年間です。来年は締めくくりの修士論文を書く年。悔いの無い活動をしてもらいたいと願ってます。

zzz...

2010/02/03

将棋名人を倒すための学習

2010/02/03

東京工科大学CS学部の教員のグリムベルゲンです。

この時期は学生の卒業論文の提出と発表会です。周りの教員はかなり忙しそうですが、私は去年4月から来たばかりなのでまだ卒業生はいません。後期の講義が全部終わって、少し余裕がある時期です。4月から12人の学生が研究室に来るので来年は私も忙しそうです。

正直、今は一番時間が欲しい時期です。なぜかというと毎年の1月から3月までは「世界コンピュータ将棋選手権」の準備の山場だからです。自分が14年前から作った将棋プログラム「Spear」を改善と調整して、世界一の強い将棋プログラムを目指しています。なかなか難しいことなのですが、コンピュータ将棋選手権の結果に期待できるかどうかは大体3月で分かります。選手権は5月のGWに開催するのですが、残りの1ヶ月は微調整しかやりません。大会に近い時にプログラムを大幅に変えるのは非常に危険なことです。ソフトウェア工学の話になりますが、数万行以上の大きいプログラムはちゃんとテストしないとバグが見つかれないです。バグが残ってしまうと一番大事な時にプログラムは変な動き(最悪クラッシュ)とします。実は私もはじめてコンピュータ将棋選手権に参加した時に大会の前の晩にプログラムを書き直して、本番ではSpearが将棋の禁手(ルール違反の手)を2回指してしまいました(もちろん反則負け)。その時は痛いほどソフトウェア工学のルールを実感しました。

将棋プログラムの中に「探索」と「評価」が重要です。探索は先読みのことで、Spearは30秒で大体10手から20手まで先読みできます。それは将棋プログラムのトップクラスと同じぐらいので探索の改良にはあまり力入れれない予定です。Spearの問題は評価です。評価は将棋の局面の判断(先手が良い、後手が良い、先手が優勢など)ということです。Spearの局面の判断はあまりよくありません。しかし、評価を調整するのはかなり難しいことです。コンピュータにいろいろな将棋の知識を入れて、その知識(「特徴」と言います)に数字を付けてコンピュータは将棋の局面を評価します。特徴が少なければ色々な数字を試して見て、最適な値を付けることは出来ます。しかし、最近の将棋プログラムの評価は特徴の数がかなり多いです。トッププログラムの特徴の数は1億を超えます。すべての特徴に自らベストな数字を付けるのは無理なので今のテーマは自動学習です。

自動学習は簡単にいうと、プログラムが自分で学習します。つまり自動的に強くなるということです。やり方として、数千局の将棋のプロの棋譜を用意して、プログラムがプロの手を真似するために評価の特徴の値を自分で調整します。細かいところは省略しますが、その調整は早いコンピュータでも一週間ぐらいかかります。今は研究室にある11台のコンピュータで自動学習しています。その風景は以下のようになっています:

_20100201

それを終えたら、学習の結果が一番良さそうなプログラムを数百回に対戦させて、選手権に参加するプログラムを決めます。選手権の詳しい情報は第20回コンピュータ将棋選手権案内のページを見てください。すべての対局はインターネット中継になりますので現場に行かなくても選手権のドラマを楽しめます。

Spearの応援を宜しくお願いします!

CS学部教員 グリムベルゲン

2010/02/02

入学試験は未来への門 -Let's go to the next stage!-

2010/02/02

受験生の皆さん、準備はいかがでしょうか?
CS学部の亀田です。

いよいよその日がやってきました。
自分自身の力を信じて、力の限りやり抜いてください。

試験当日は、受験票を忘れずに
鉛筆や消しゴムも。
鉛筆はいつもより多めに準備しましょう。
1本ぐらい折れるかもしれませんから。

試験当日、どの参考書を持っていきますか?
交通機関はもう調べましたか?

挙げればきりがないですね。

当日は、

やる気・元気・本気

家族・先生・友人への感謝の気持ち

とを携えて受験に臨んでください。

最後まで決して諦めずに

東京工科大学コンピュータサイエンス学部で学びたい人は、
決して最後まで諦めずに、夢に向かって、自分の力を信じて、
目の前に迫りくる門を押しあけてください

ゲームでのような魔法の鍵はありませんが、
皆さんが東京工科大学コンピュータサイエンス学部という次のステージへ進み、
ワンランクレベルアップされることを楽しみにしています。

いよいよ工科大も入学試験  -がんばれ受験生-

CS学部の黒川です。

先日のセンター試験に続いて、いよいよ工科大も入学試験が始まります。
本学を受験する受験生のみなさんでこのブログを開いた人もいるかもしれません。

落ち着いてますか?

それともドキドキですか?

八王子と蒲田の会場では試験監督のほとんどは本学の教員です。
手順を間違えないようにドキドキしている先生もいると思います。

試験監督だった先生が将来の研究室のボスになってたりってのはあり得る話。
普段、試験監督の顔なんて気にしないと思いますが、よーく覚えておいてください。
後で面白いことがあるかもしれません。

試験当日、八王子の雪は残ってるかなぁ。

2010/02/01

東京工科大学コンピュータサイエンス学部志望の受験生の皆さんへ

2010/02/01

コンピュータサイエンス学部長の星です。Img_0434mod2_4

コンピュータサイエンス学部の一番大きな入試である一般入試A日程が、2月3日から始まります。

泣いても笑っても、あと数日を残すのみです。
でも、あせることなく、今、冷静に自分を見つめなおしてみてください。
この一年間、みなさんは寸暇を惜しんで受験勉強に勤しんできたとものと思います。

そして、一年前の自分と今を比べてみてください

どれだけ多くのことを学び、どれだけ多くの知識と知恵を身に付けてきたことか、どれだけ成長したことか。
反省することも少なからずあるとおもいますが、得るものが何倍も大きかったはずです。

冷静に振り返ってみてください

日々の進歩は小さくても、その積み重ね大変大きなものです。継続こそが力とよく言われているまさにそれです。一年間、継続してきた受験勉強は、決して無駄にならないという自信をもって、入試に臨んでいただきたいと思います。

そして、体調を整え万全を図っていただきたいと思います。

みなさんと、4月に、桜の咲き乱れるキャンパスでお目にかかれることを切望しています。
健闘を祈ります!

東京工科大学
コンピュータサイエンス学部
学部長 星 徹

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »