« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/22

外国語の勉強は楽しい

2010/11/22

東京工科大学コンピュータサイエンス学部の一教員です.趣味は外国語学習です.英語,フランス語,イタリア語,スペイン語をラジオ講座で勉強しています.1つの外国語講座の時間は15分です.通勤時間を利用して勉強しています.前にドイツ語もちょっと勉強したことがあります.大学時代はロシア語をとりました.だから6ヶ国語に触れたことになります.満足に使えませんけれども.
Image001_2

はじめさっぱりでも,我慢して続けるとなんとなく分かってきます

ラジオ講座は6ヶ月単位です.ほぼ6ヶ月ごとに同じことが学べます.勉強していて分かったのですが,どの外国語の場合も,最初の6ケ月はわからない.次の6ヶ月でほんの少し分かる.次の6ヶ月でなんとなく分かってくる.その次の6ヶ月で前よりは分かるような気がする.ということで,だんだん向上していくことが分かりました.継続は力なりです.

ちがう外国語から,英語も学べることがわかりました
英語のリスニングで何故自分には,三人称単数の「s」が聞こえなかったり,We can't win them allの「th」の音が聞こえないのだろうと悩んでいたことがありました.でも,フランス語では語尾の文字は大抵発音しません.hも発音しません.これを学んで,それは聞こえなくてもよいのだ.英語でも,発音しないのだろうと思ったら,とたんに楽になりました.はじめ英語もできなのに,他の外国なんてと思っていましたが,そうでもないことが分かってきました.
Image003 Image002

その国で片言でもはなせると,わくわくした体験を味わえます
先日スペインに行ってきましたが,へたなスペイン語でも通じるのです.スペイン語は日本語と同じように母音が多く発音が他の言語よりもしやすいこともあげられます.「これは何ですか?」「大変ありがとう」「トイレはどこですか?」とか簡単な言葉ですが,通じると愉快です.

外国語っておもしろいな

英語と他の言語で非常に違っていると思うのは,名詞に「性」があることです.名詞に男性,女性があるのです.ドイツ語やロシア語では更に中性があります.何故このようになっているかはよく分かりません.そして,同じ単語でも言語によって,「性」が異なるものがあります.「花」はフランス語,スペイン語,ドイツ語では女性です.イタリア語,ロシア語では男性です.基本的に,言語ごとに,名詞の単語ごとに性を覚える必要があるようです.
Image005 Image004

教えられる側にたって,教員としてどうあるべきかを考える
ラジオ講座は6ヶ月単位で先生が変わります.分かりやすい先生もいれば,そうでない先生もいます.わかりやすい先生は,テキストに重要なことは省略せずにきちんと書いてあります.重要な内容は何度でもテキストに載せてあり,講座の中で何度でも繰り返して説明することがわかりました.私も自分の講義において,学生の理解のためにそれらを実践していきたいと思います.
Image006

でもやっぱり英語が大事
国際会議では英語が使われます.国際標準化でも英語が使われます.ヨーロッパでは大抵英語が通じます.というわけで,やっぱり英語が一番大切と思います.英語はいろいろな外国の影響を受けて,成長しているので,発音はむづかしく,聞き取りはむづかしいと思います.また,語彙も非常に多く覚えるのが大変ですが,辛抱強く,勉強していきたいと思います.

イラスト出典:イラストわんパグ(イラスト無料素材/季節と動物の可愛いイラスト集),http://www.wanpug.com/ 

2010/11/11

よそもの

2010/11/11

たきびです:単純に焚火好きなので「たきび」です.
八王子キャンパスは雑木林に隣接しているので,一年中野鳥の声が絶えません.
その中で,季節を問わずいい声で少し変わった鳴き方をする鳥がいて,以前から気になっていました.
先日,どうやらその声の主らしい鳥を見かけました.

Image002

妙に人慣れしていて,ふつうのデジカメで写真が撮れるぐらい近づいても逃げずに,2羽(たぶんつがい)で落葉の中を探っていました(忙しく動いていたのであまりうまく撮れていませんが).
そのふてぶてしさに加えて,ルックスも「かわいい」とは言えず,むしろ目のまわりのラインがちょっと不気味.
野鳥図鑑で調べたところ,どうやらガビチョウという外来種のようです.
なぜこいつが夏の美声の主だと思ったかと言うと,実は鳴いている姿を確認したわけではなく,図鑑の説明が鳴き方に当てはまっているからです.
ということで,今度は例の声がしたら,姿を確認したいと思っています.

2010/11/09

朋あり遠方より来る

2010/11/09

東京工科大学CS学部教員のオウシ座のウシです。

歳を取るに従い若いころの友達と会う機会が増えてきました。私のふるさとは愛知県の小さな町ですから幼稚園から中学校まで一緒でいつも遊んでいた幼馴染がたくさんいます。しかし、高校に進むと進路も違い、私は大学から東京に出て、この歳になるまで東京近辺に40年以上住むことになりました。そのため、幼馴染達と会う機会もなくなっていましたが、50歳を過ぎたころ、丁度私が大学に移って2年目のころ小学校・中学校の同窓会がありました。40年ぶりの再会でした。大学を卒業してからの付き合いのある人たちは、同じような価値観、同じような考え方を持った人たちです。会話の内容も自然に仕事に関することが多くなります。

これに対して、幼馴染達というのは仕事も違えば、過ごしてきた環境も大きく違います。私とは全く違う分野で働いてきた友人達の話は普段の自分の周りで話されていることとは大きく違うことが多く、非常に楽しく、かつ皆の生き方に感心することも多々あります。その後は年に2回ぐらいは帰省し幼馴染と会うようになり、旅行に行ったりもしています。また、先日は横浜で高校時代の友人と食事をして、小学生時代の幼馴染とはまた違う楽しい時間を過ごしました。

皆さんも友人達と楽しい時間を過ごしていると思います。これからも色々な付き合いの中から友人ができると思います。恐らく何十年か後にはその友人達と楽しい語らいの場を持っていることでしょう。

○○○

Image002_3

2010/11/05

夕日

2010/11/05

私の研究室は高層階にあって比較的見晴らしも良く,晴れた日の夕方には毎回異なる表情の夕焼けを見ることができます.研究室メンバーらにとって研究の疲れを癒す一服の清涼剤になっています.これからの時期,だんだんと寒くなってくるにつれ空気も澄んでくるので,夏場とは違った夕焼けを見られるのが楽しみです.しかし研究に没頭していると,しばしば夕焼けを見逃してしまいます.元々,研究をしに来ているので仕方ないのですが.

M.K.

_20101105b_1_2 _20101105b_2_3

_20101105b_3_2 _20101105b_4_2

学園祭

秋といえば学園祭のシーズン.本学八王子キャンパスでも連休中の10月10日~11日にかけて,毎年恒例の"紅華祭"という名称の学園祭が開催され,キャンパスは様々なイベントやお店等で賑わいました.私の研究室ではこの祭りの2日目の午後にあえてゼミ(研究に関するミーティング)を開催しました.これまで学園祭にあまり縁の無かった学生や私も,祭りに接する良い機会になりました.お昼に学生達でごった返す店の並びに行ってみると,某運動部が出しているお店の前で,私の研究室に所属する学生がたこ焼きの宣伝を行っていたので(写真),そこで昼食を調達しました.その日の研究室ゼミはメンバーそれぞれ自分の研究テーマに関連する英語の論文の内容を発表する回で,皆,四苦八苦しながら説明をこなしました.研究室の卒業生の何人かも休日であることを利用してゼミに顔を出してくれました.論文紹介に格闘する4年生達も,1年後には彼ら卒業生達のように逞しく社会の第一線で活躍しているのかと思うと何だか不思議な気持ちになりました.

M.K.

_20101105a_1

2010/11/03

東京スカイツリーが見えていました

2010/11/03

Tri-Kです。

今日は、朝から好天で、窓の外を見ますと、正面に筑波山が見えました。冬には、見える機会も多いですが、今年もそういう季節になってきたのだと実感します。

Image001_2

Image003

見通しがいいので、スカイツリーも見えるかなと思って探してみると、霞んではいますが、確かに見えていました。写真のように、今でも他の高層ビル群から一段抜き出ていて、もっと高くなったらすごいでしょうね。

帚草のその後

Tri-Kです。

8月末に紹介した帚草は、いまどうなっているでしょうか。

先週末は台風が接近し、その後も、晴天が長続きしなかった日が続きましたが、今日は、朝から好天だったので、昼休みに様子を見にいきました。今年の猛暑のせいか、写真のように、色づき方は様々で、まだ緑が残っているものもあれば、枯れた色に変わりつつあるものもあります。職員食堂のある建物の前庭にも、帚草がありましたが、もう色が褪せたせいか、片付けられていました。寒さと共に、秋もどんどん深まっているようです。

Image001

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »