« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/29

CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界

2011/07/29

第13話 「攻略本」読むべきか、読まざるべきか?!

Tacticalbooks

 

こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。

オープンキャンパスとともに期末試験も終わり、またしてもディスガイア4にはまっております。

現在レベルは4600。

プレイ時間もいい感じに200時間に迫ってきておりますが、なかなか行き詰まってまいりました。(昨日は、裏面の最終面を100回ほどプレイして、ようやくレジェンド級アイテムを揃えることができました)

 そこで・・・。攻略サイトあるいは攻略本の誘惑が大発生するわけですが、コンピュータゲーム歴がまもなく30年になる松下としては、それだけはどうしても避けたいと考えております。

それでは、なぜ写真(松下が個人的に所蔵中・・・)のような状態になっているのでしょうか?

実は、松下的にはいわゆる「攻略本」はあくまでゲームクリア後の記念アルバム的な使い方をいたしております。もちろん、自分で見つけることのできなかったイベントや、驚異的なクリア方法等が書かれているため、ゲームを100%コンプリートすることが目的なのであれば、これほどの良書は無いということになりますが、ゲーム機に電源を入れなくても過去を振り返ることのできるメディアとして利用することにしています。

ゲームの楽しみ方は、本当に人それぞれです。ここで、クリエイター側の立場に立って考えてみると、折角仕掛けておいたイベントやストーリーが、ほとんどのプレイヤーに見過ごされてしまうのは結構悲しい結末であると言えます。反面、いわゆる一本道シナリオのゲームで、普通にプレイしていれば、ほぼ100%のイベントを発生させられるようなものであれば、少なくとも見過ごされてしまうことはなくなりますが、その代償として何かをなくしてしまっているような気がいたします。

これからいよいよ夏休み。ゲーム三昧という方も少なからずいらっしゃるかと思いますが、どうぞ良いゲームライフを!

 

それではまた!

Soichiro C. Matsushita

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/17

7月18日(祝・月) オープンキャンパス ~コンピュータサイエンス学部をもっと知りたいアナタに~

2011/07/17

来る7月18日(祝・月)、東京工科大学オープンキャンパスが行われます。

コンピュータサイエンス学部では、卒業後の進路(就職)、大学での勉強、学生生活に関する情報をお伝えするために、様々な企画を準備いたしました。この機会に、是非、コンピュータサイエンス学部の面白さ、楽しさを”体感”してください。

今回は、本ブログ連載でおなじみの「ゲーマー教授」 松下宗一郎先生が所属する「エンターテインメントコンピューティングコース」をご紹介します。

----------------------------------------------------------------

エンターテイメントコンピューティングコースのご紹介

Eccoursetitle1

 こんにちは。CS学部教員のS.C.松下です。

来る2012年の4月よりスタートするCS学部の新コース、「エンターテイメントコンピューティングコース」について、ご紹介をさせて頂きたく存じます。

 エンターテイメントコンピューティングコースは、コンピュータを用いて人の心を豊かにすることを、情報通信技術(ICT)をベースに考えていくコースです。

この中には、もちろんコンピュータゲームが含まれますが、人の心が関係してくる幅広い分野のアプリケーションが対象となってきます。

たとえば、人が何を感じ、どのような行動をとるのかを考える感性情報処理、人の思考をコンピュータで実現する人工知能、人とコンピュータとが向かい合う部分を扱うヒューマンインタフェースといったICTで、もっともっと人の心を豊かにしていくことができると思います。

Motionsensor3ds

 そのような中で、7月18日(月・海の日)に東京工科大学八王子キャンパスにて開催されるオープンキャンパスでは、ヒューマンインタフェースを中心に実演&研究室公開をさせて頂ければと考えております。

写真は、ゲームコントローラ等に用いられているモーションセンサーに小さなコンピュータをつないで作った回路基板ですが、この基板を「動かす」と、その動きが数値となってコンピュータに読み込まれます。

 さて・・・。

この回路基板が何になるのかは、全くのところアィディア次第です。そこで、当日は、研究室にて実施したアイディアコンテストの結果とともに、いくつかの作品を実際にご覧いただき、「心を豊かにする」エンターテイメントコンピューティングの世界を、お楽しみ頂ければと存じます。

 それでは7月18日(月)は、エンターテイメントコンピューティングコースの展示ブース&研究室公開に、是非ともお立ち寄り下さい!

S. C. Matsushita

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011/07/16

CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界

2011/07/16

第12話 ゲームづくりという名のゲームを行っております

Breadboard1

 こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。

ところで突然ですが、ゲーム制作は、それ自体が実はゲームです。
写真は、前回登場した業務用ジョイスティックや、X-13等をテストするために用いられるブレッドボードと呼ばれる機材ですが、電子回路部品や配線を差し込んでいくことで、ある程度自由自在に回路のアイディアを試すことができます。

Breadboard2

こちらはブレッドボード上の部品や配線の様子を拡大したものですが、IC(集積回路チップ)や青色発光ダイオード(LED)等がいい感じに並んでいます。
大きさは、青色LEDの光る部分の直径が約3ミリくらいで、徹夜明け(あるいはディスガイア4のやり過ぎ)等でなければ楽々と配置していくことができるサイズです。
 
さてここで、このゲームの特徴を考えてみたいと思います:

(1)何かを破壊しなければ、何度でも回路を組み替えてトライできます
(2)配線をデータとしてハードディスクにセーブすることは、やや無理です
(3)裏技(集積回路チップの間違った使い方とか)が山のようにあります
(4)しかし、決してラスボス等はでてきません

 このゲームづくりという名のゲームは、終わりのないゲームです。
目標が明確でない分、厳しい部分もありますが、アイディア次第で無限の遊び方にトライできるという点は、大変素敵であると思います。

そして、その中からいくつかの作品を、来る7月18日(月・海の日)のオープンキャンパスにてご紹介できればと考えております。

 それではまた!

Soichiro C. Matsushita

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/09

7月18日(祝・月) オープンキャンパス ~コンピュータサイエンス学部をもっと知りたいアナタに~

2011/07/09

コンピュータサイエンス学部で、”メカトロニクス”を体感しよう!

Dsc00813_dxo_nxpowerlite_2

当日、皆さんにお見せするコンピュータサイエンス学部の研究の中から「メカトロニクス・コース」のデモをご紹介します。

ロボットをコントロールする技術は日本が世界に誇る先端技術のひとつ。

この機会にコンピュータサイエンス学部が誇るメカトロニクスに直に触れ、その面白さ、楽しさを”体感”してください。

1.片柳研究所棟11階にて

メカトロニクスコースで学ぶことの例として,実験授業のテーマを紹介します.

1) 「磁気吸引浮上系の安定化」:人の手で操作できない不安定なものをフィードバック制御で安定化する

鉄の玉を電磁石の電流を調節して中に浮かす実験です.
間近に見て触って,制御工学の威力を実感できます.

Db757f5e1f28f3191d5ac231f6b2c580

2) 「ロボット競技」でメカトロニクスシステムの創り方,プロジェクトの進め方を学ぶ
移動ロボットをテーマに,簡単なものから本格的なプログラミングを行うものまで,段階的に学ぶ過程を紹介します.
最終段階に行うロボット競技の,昨年度優秀マシンの実演を見て,操縦体験もできます.
Ex32_3

2.研究棟Cの1階にて研究室公開

1) 片倉研(07/18,08/20)
03/11の大津波で「水の力」について再認識した方も多いと思いますが,産業界では昔からこの水の力が種々な形で有効に利用されています.
この水の持つ力を利用して物作り等を行なう方法の一つであるウォータージェット技術に関し研究を行っています.

Pasted_graphic_1

2) 中野研(08/06,08/20)
2002年(平成14年)から2足歩行ロボットの学生による設計と製作および運動制御に関する研究を行っています.
経験の蓄積により形や性能が向上しており,センサによる姿勢制御まで可能になりました.

Pasted_graphic

3) 大山・牧野研(07/18,08/06)
大山・牧野研究室,シャ研究室に所属した4年生が卒研の前段階として作成したモータにアームが付いたアームロボットを紹介します.
仕組みは単純ですが,しっかりとした制御理論に基づいて動いています.

Arm_robot

4) シャ研(07/18,08/06)
等価入力外乱手法(システムに存在する外乱を自動的に推定・抑制する手法)と2次元繰返し制御(制御系自身が学習できる制御法)などの制御理論を開発し,
それらの理論を機械や電気システムに応用して,システムの高精度・高性能問題,環境・エネルギー問題,次世代ロボットの医療・福祉機器への課題解決に
力を注いでいる.

A1f967e633358cb27bbe916bb0ef8bdc

5) 三田研(07/18,08/06)
「金属の力を利用する」大きく変形させても、温度変化(加熱)に反応して形状が回復する形状記憶合金の力を利用して物を動かします.

C800d9088a7a005e0bb78b82052cf337

実際に、見て、触れて、動かしてみてください。

ご来場をお待ちしています!

--------------------------------------------------------------

【時間】10:00(9:30受付開始)~17:00

【申し込み不要・入退場自由】

【受付】片柳研究所棟1Fロビー

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/04

CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界

2011/07/04

第11話 いよいよ夏本番。ゲーム制作へGo!です。

Amusementgameexpo

 こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。
いったい梅雨はどこへやらで、暑い日が続いておりますが、こんな時こそゲーム制作です!

写真は、今年はじめ頃に開催されたアーケードゲーム関係の展示会の様子ですが、こういったイベントでは日頃思いつかないアイディアに巡りあうことが多いです。

そして、この時は、「人が何かを決断する瞬間」をとらえるには、やはりスイッチしかない!というアイディアに行き当たりました。
3Dやモーションキャプチャーといった新しいテクノロジーが続々と登場してきている中で、プレイヤーが何かを決定する瞬間だけは、単純なON-OFFで情報を表現するスイッチに勝るものは、そうそう簡単には見つからないだろうというわけです。

Joystick

 そして、写真は会場にてついつい購入してしまった業務用のジョイスティックですが(もちろん説明書等は全くなし)、解析の結果、中には単にスイッチが4つ入っているだけでしたので、正に今回のアイディアにうってつけのデバイスです。

もちろん、このままゲームコントローラーの十字キーとして使ってしまったのでは、全く面白くないので、何か壁を打ち破るアイディアがさらに必要になりますが、先週完成したばかりのX-13と組み合わせれば、きっと新しい何かができあがるに違いありません。

といったわけで、またしても訳のわからない何かを作ってしまいそうな気配ですが、来る7月18日(月・海の日)のオープンキャンパスでは、エンターテイメントコンピューティングコースの説明ブースにて、総力をあげて今夏のゲーム制作について語っていきたいと考えております。

 それではまた!

Soichiro C. Matsushita

| コメント (1) | トラックバック (1)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »