« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/29

CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界

2011/08/29

第15話 模擬授業に備え、ついに012に挑みました

String012

  こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。

8月20日(土)に実施いたしましたコンピュータサイエンス学部模擬授業では、若干雨模様の天気の中、大変多数の方のご来場を頂き、
スタッフ一同大変感謝いたしております。

模擬授業では、「ゲームの面白さを科学する」というタイトルで、実際に学部2年生向けに開講している講義「コンピュータゲーム基礎」の一部をご紹介させて頂いております。
 
  さて一方、今回の模擬授業に備え(?)、ついに劇太ギター弦に挑んでみました。
ギターは一般的には弦を6本使うのですが、恐らく最も良く使われている「スーパーライトゲージ」と呼ばれているものでは、最も細い1弦で太さ0.009インチ(約0.23ミリ)です。

一方、松下が目標としているSRVに挑むには、約40%強も太い0.013インチ(約0.33ミリ)の「ヘビーゲージ」が必要になります。そして、こんな太い弦はあまり市販されていなかったのですが、授業準備のかたわら、ふと通販サイトを見ると続々と新発売されていることが分かりました。

Telecaster012


弦の太さがこれだけ変わってしまうと、弦を指で押さえるだけでもの凄い力が必要になる上、ギターにも相当な負担がかかるため、まずは0.013の一歩手前にあたる0.012(これでも33%太い!)でトライしてみました。

結果は...

(1)弦が太すぎて、色々なところがおかしくなった(糸巻き器やナットからはみ出た)
(2)あまりの張力(テンション)の強さで、3弦が1日で切れた
(3)スーパーライトなら楽々できる2音半チョーキング(弦を指で引っ張って音程を上げる奏法)はほとんど不可能で、なんとか1音上げるのが限界だった(2弦10フレット付近で)
(4)しかし音は良かった(6弦:0.052インチを弾くとベースの様な音がします)

  ギターは、人の手指の動きを音楽に変換しますが、この視点からはゲームコントローラと同じ種類(どちらも手指の動きを何かに伝えます)の装置であると言えます。そこで、人間の感性を伝える装置として、今後もコンピュータゲーム共々研究を進めてきたいと考えております。

それではまた!

Soichiro C. Matsushita (ただ今、レベル9902・・・もう上がらん)

| コメント (1) | トラックバック (1)

2011/08/11

CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界

2011/08/11

第14話 X-14が完成しました

Ccpx14a

こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。

去る8月6日(土)のオープンキャンパスでは、大変多くの方にご来場を頂き誠にありがとうございました。


当日は、CCPシリーズの最新型機である反射神経スピード測定器:CCP-Xー14を展示いたしましたが、人間の限界と言われている0.2秒以内で安定して入力に成功する方がいらっしゃる一方で、松下は1.000秒を出すことに成功しました。(実は、1.001秒以上だと、Too Late!と言われてしまうので、かなりもの凄く難しいです)

また、せっかく4方向に倒せるジョイスティックですので、4つつながると消える落ちものパズルゲームに接続してみたところ、こちらもなかなかいい感じに動いておりました。

Ccpx14b

ちらの写真は、X-14の中身ですが、2000年から始まったCCPシリーズの歴史上、電池(左端についていて、赤と黒の電線が出てきている、なぜか保護色になっている物体)がセロテープ止めになっている初のマシンとなりました。(いつもなら輪ゴムで止まっていますが、今回は輪ゴムを引っかける場所が見つかりませんでした・・・)

X-14は、ゲームセンター等で普通に見かけるジョイスティックなのですが、実際にコンピュータにつないでみると、考えなければいけないことが山のようにあることが分かりました。

人間は秒速何回までならスティックを操作できるのか?、スティックから出てくる電気信号はどの程度正確なのか?、放っておくとすぐに電池を消耗させてしまうワイヤレス通信機を長時間使えるようにするにはどうしたら良いのか?、など、本当にやってみなければ分からないことだらけでした。
 
さて、今夏のオープンキャンパスも残すところわずかとなってまいりましたが、次回は8月20日(土)にコンピュータサイエンス学部模擬講義「コンピュータゲームの面白さを科学する」に出演いたします。

いつものように、当日になってみないと何が飛び出すのかは謎ですが、新しいエンターテイメントと、その可能性をご紹介できればと考えております。
 
それではまた!

Soichiro C. Matsushita (ただ今、レベル5300)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/04

8月6日(土) オープンキャンパス ~コンピュータサイエンス学部をもっと知りたいアナタに~

2011/08/04

エンターテイメントコンピューティングコースのご紹介

Eccoursetitle3

 こんにちは。CS学部教員のS.C.松下です。
来る2012年の4月よりスタートするCS学部の新コース、「エンターテイメントコンピューティングコース」について、先日に引き続きご紹介をさせて頂きたく存じます。

エンターテイメントコンピューティングコースは、コンピュータを用いて人の心を豊かにすることを、情報通信技術(ICT)をベースに考えていくコースですが、
その中で、最も身近な応用の1つとして、コンピュータゲームが挙げられます。

そこで、今回はコンピュータゲームを支えるエンターテイメントプログラミングの世界について述べてみたいと思います。

Entertainmentprogramming

 コンピュータゲームでは、コンピュータ画面に対してプレイヤーが向かい合うスタイルが一般的ですが、ゲームプログラムはコントローラを通じて届けられるわずかな情報を頼りに、プレイヤーを楽しませるための大量の情報を画像や音響として伝える役割を果たしています。そして、もしもプレイヤーの意図が伝わらずに、画像と音響が出てきてしまった場合には、コンピュータゲームではなく、単なるビデオ再生になってしまいます。

言い換えれば、コンピュータゲームにおけるプログラミングでは、人(プレイヤー)のことをあらかじめよく知っておき、ここぞというところで的確に画像や音響を送り出すことが求められています。

そして、このような役割を果たすプログラミングを、エンターテイメントプログラミングと呼んでいますが、その中では実に多くのテクノロジーや人そのものに対する知識が必要となります。

そこで、今回の展示では、落ちものパズルアクションゲームを題材に、エンターテイメントプログラミングの世界を感じて頂ければと考えております。

 それでは8月6日(土)は、エンターテイメントコンピューティングコースの展示ブース&研究室公開に、是非ともお立ち寄り下さい!

S. C. Matsushita (ただ今レベル5100)

| コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »