« CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界 | トップページ | CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界 »

CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界

2011/12/23

第27話 作られる価値と創る価値

 こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。

  5月連休に引き続き、いつのまにか恒例になってしまった、とあるイベント(多分、わかる人にはわかる)に参加をいたしてまいりました。
前回は奇跡的なくじ運に恵まれましたが、今回は果たして・・・

Dp26stage

Dp26results

 多分6000番くらいまでしかない抽選(もちろん1番くじが最も良いくじですよ)で、5900番台というのは、もはや論外という外ありませんが、いつもの調子であれば800番台はまだまだ何かが当たる可能性のある番号です。

しかし・・・。

Dp26lottery

  こんなこともあるのかなという位の惨敗っぷりでした。
恐らく完全勝利には前回と同じく100番台が必要だったみたいです。
(概算ですが、この立て札に書かれているような神番を引くのは、大体60分の1くらいの確率になります。前回これが2回来たということは・・・もしかして運を使い果たしてた?)

  数限りある品物は時に「限定品」と呼ばれ、多くの人々がこれを求めようとします。
そして、その中には本当はいくらでも作ることができるのに、人為的に「限定」となっている場合も少なからずあるでしょう。
(ちなみに、このイベントで「限定」となっている理由は、品物の1つ1つがほとんど手作りであることに起因しています)

  この意味では、コンピュータゲームソフトは、原理的にはほとんど無限に近い回数コピーを行えることから、最も「限定」にはなりにくく、値崩れを起こしてしまう危険性の高い品物であると言えます。そのような中で、コピーの宿命を乗り越えて輝きを保ち続けるようなコンピュータゲームを創造していきたいものです。

 それではまた来年!

Soichiro C. Matsushita 

(FF13-2買いました・・・が、なぜかまだ未開封です。報告はいずれ!)

« CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界 | トップページ | CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535131/53548716

この記事へのトラックバック一覧です: CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界:

« CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界 | トップページ | CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界 »