« 平成24年度 オープンキャンパスが始まります! | トップページ | 「国際会議での論文発表。大学がはぐくむコンピュータの知識と国際性」 »

CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界

2012/03/20

第31話 「押しボタン」を使わないと面白いゲームは作れないのでしょうか?

 こんにちは。CS学部教員の松下宗一郎です。

 今年はなかなか春の気配が遠い日々が続いておりますが、その分花粉が飛んでこないので、まずは引き分けといった感じでしょうか。

 一方、春休みに入り大がかりな実験を行える状況となってきたことから、松下的に長年の課題であったテーマ「コンピュータゲームは、押しボタンで操作しないとダメなのでしょうか?」に若干全力で着手いたしております。

Wiifit

 ここで、「押しボタン」を使わないゲームと言えば、まずはWiiリモコン及びWii Fit(いずれも任天堂)が挙げられるかと思いますが、これまでに発売されているゲームタイトルの評価実験が一巡したところで、いよいよサイエンス(科学)の領域に深く分け入ることといたしました。

Wiifit_motioncapture

 
 写真には、以前にも登場したことのある有線式モーションキャプチャー装置(Polhemus社製)がWiiFitとともに写っておりますが、研究室ではキャプチャーしたデータからWiiリモコンと同じ運動情報を、より高い精度で計算できるシステムを開発しました。

 また、Wii Fit(こちらは体の重心位置を測定しています)についても、モーションキャプチャー装置にて関連するデータを取り出せることが分かってきております。

 コンピュータゲームが、「実際には体験することが難しい何か」を体験できるエンターテイメントであるとすれば、現実における体の動きをそのままゲームに反映させることは、かえって逆効果になっている可能性があります。しかしながら一方で、「押しボタンだけで何かを操作する」ことでは体験することのできない何かにも、大きな可能性があるのではと考えております。
 
それではまた!

Soichiro C. Matsushita (FF13-2も一段落しましたが、なかなか次が見つかりません・・・)

« 平成24年度 オープンキャンパスが始まります! | トップページ | 「国際会議での論文発表。大学がはぐくむコンピュータの知識と国際性」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535131/54265301

この記事へのトラックバック一覧です: CSブログ連載シリーズ 松下的コンピュータゲームの世界:

« 平成24年度 オープンキャンパスが始まります! | トップページ | 「国際会議での論文発表。大学がはぐくむコンピュータの知識と国際性」 »