« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/27

コンピュータサイエンス専攻の学生がIASTEDの国際会議で発表

2013/02/27

2012年11月12日~14日に米国のラスベガスで開催されました国際会議にて,大学院コンピュータサイエンス専攻修士課程1年の前田君が発表を行いました.

The 24th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS 2012)という,24回目を迎える歴史ある会議です.PDCS 2012では,31件の口頭発表,1件のチュートリアル,1件の基調講演が行われました.また,16回目の開催を迎える,The 16th IASTED International Conference on Software Engineering and Applications (SEA 2012)も同時に同じ会場でされていました.


コンピュータサイエンス専攻 修士課程1年

前田 浩

Fig1

学部4年次から取り込んでいた研究をまとめ,「Malware Detection System with Privacy Protection against Cloaking」というタイトルで学会発表を行わせていただきました.

アクセスする人ごとにWebサイトの内容を変えてみせるクローキングという手法があります.通常,クローキングは検索エンジンにおける評価が高くなるように,検索エンジンがWebページの内容を調査しに来たときに,人間に見せるものとは異なるコンテンツを表示するような場合に使われていたりします.この手法を悪用し,検索エンジンやサイバーポリスに見つからないように,悪意のあるコンテンツをWebサイトに隠すようなやり方も登場しています.例えば,クロスサイトリクエストフォージェリと組み合わせた攻撃などが考えられ,Web上で様々な被害を拡大させる要因になりかねません.さらに近年ではスマートフォンの普及に伴い,マルウェアの検出や悪質なコンテンツのブロックをクラウドのサーバにおける判断に任せているようなものが登場してきました.特にこのような場合のクローキングを防ぐ技術についての研究内容を発表しました.

Fig2

会議の開催地はアメリカ・ネバダ州のラスベガスで,会場となったホテルは街の中心から離れたところにありました.周囲はゴルフ場や高速道路に囲まれていて,静かなところでした.一方で,夜になると多くの建物が毎日賑やかにライトアップされて,とても綺麗な街でした.

Fig3

国際会議への参加は,私にとって全てが貴重な経験になりました.英語でのプレゼンテーションはもちろんですが,発表だけでなく,会議開催中の休憩時間やバンケットで様々な国の研究者と交流をすることができるので,そのような場でのコミュニケーションも貴重な経験として楽しむことができました.

皆さんも国際会議では様々な貴重な経験ができると思いますので,是非挑戦をしてみてください.


前田浩君が発表を行ったセッションでは,彼以外の発表者は全員「USA」の所属でした.英語を日常的に使用する人たちが集まっている中でも,東京工科大学の学生は立派に発表を行っています.

2013/02/19

学生がマレーシアのコタキナバルで開催された国際会議で発表(1)

2013/02/19

マレーシアのコタキナバルで開催された国際会議で、コンピュータサイエンス学部の学生が発表を行いました。会議名は以下の通りで、ACMという学会の国際会議です。

International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication 2013 (ICUIMC 2013)

ICUIMCは2007年から毎年開催されており、今回で7回目となります。ICUIMC 2013では、55件の口頭発表、56件のポスター発表、2件の招待講演が行われました。


コンピュータサイエンス学部4年
C0109086 岩﨑 博美

Pic01_3   

Multivector E-Mail Filtering with Shape and Color Impressionというタイトルでポスター発表をさせていただきました。

発表内容は、スパムメールかそれ以外にしか分けられないメールのフィルタの問題点を解決するために、メールの危険度を段階的また、視覚的にも分けて表示することで、重要なメールがスパム判定されて削除されないようにすることと、瞬時に閲覧順位を決められるようにするシステムの話です。この国際会議を通じて、海外諸国の技術力の高さに驚かされました。1時間程度のポスター発表でしたが、様々な国の人たちがいました。英語で質問されましたが、ネイティブの方々の英語は聞き取ることが非常に難しいことを実感しました。また、自分自身の英語力の低さを痛感しました。

本学の独自のカリキュラムのおかげで、学んだことを実際に行い応用していくことでシステムを実装することができたため、高度な技術を身につけることができたのではないかと感じています。

春から社会人として、SEの仕事をしていきます。仕事をしていく上でこれらの技術や経験が生かせるように頑張りたいと思います。


この学生はポスターセッションでの発表でした。コンピュータサイエンス学部の学生は、国際的な舞台で活躍しています。

2013/02/18

平成26年卒業生の就職活動がたけなわです

2013/02/18

コンピュータサイエンス学部広報担当です.最近雪がよく降りますが皆さまいかがでしょうか.

これから現3年生,修士1年生の就職活動が本番を迎えます.彼らも期末試験が終わり,活動に本腰を入れています.本学では,12月開催の説明会に続いて,2月12日~14日まで,学内合同企業説明会が開催されました.3日間で300社以上の企業が参加しました.その様子をご紹介します.

Dsc03994s

企業の人事担当者の説明にも熱がこもります.

Dsc04000s

会場では,多くの学生がそれぞれの会社のブースで担当者の説明を真剣に聞いていました.

Dsc04016s

東京工科大学では,これ以外にも就職率100%をめざして,就活生を強力にサポートする体制を敷いています.

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »