« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/29

サウジアラビアのJazan大学の学生と先生が本学を訪れました(2)

2014/07/29

サウジアラビアに25ある国立大学の中でも有数のJazan大学の学生8名と教授1名が
7月2日に東京工科大学コンピュータサイエンス学部を訪れました.

Jazan大学からの訪問は去年に引き続き2回目です.

前回に続いて見学の様子を報告します.

亀田・渡邊研究室に続いて三田地研究室の「光応用研究のデモとその説明」を見学しました.
ここでは,光ファイバ型睡眠時無呼吸センサ(F-SASセンサ)の原理説明と動態デモが行われました.
訪問学生の中で90kg強の体格の良い人,中肉中背の人,小柄な人の3人にF-SASセンサのファイバシートを設置した椅子に腰かけてもらい,まず個人個人の通常呼吸のカリブレーション(較正)が自動的に動くかチェックさせてもらいました.
5回の通常呼吸を各個人からシステムが自動取得し、その人に適合したパラメータ設定が終了したところで、密かに好きなタイミングで呼吸を止めてもらい,7秒以上無呼吸が続くとアラームが鳴るというシステムを体験してもらいました.
結果は小柄な人,中肉中背の人では全く問題なく装置は正常にアラームを鳴動させましたが,90kg強の大柄な人の場合には通常呼吸のカリブレーション(較正)が完了できないというハプニングが生じました.
これまで,東京ビッグサイトでの展示会(Photonix2014)やオープンキャンパスでの動態デモでも起きなかった初めての事象が発生し,三田地研の担当学生の遠藤君はちょっと緊張したのですが,その後の検討で原因を突き止めることができました.
ファイバシートへの面接触と点接触の問題ではないかという遠藤君の考察が出され、椅子の背もたれをフラットな構造に改善する方向に進んでいます.
三田地研としては、大柄の被験者での貴重な測定経験ができて大変良かったと思っています.

Img_0079
(三田地研究室でのデモに参加、右端が三田地先生)

さらに大石先生の「ディジタルフィルタでメロディを奏でてみよう」では,
ジャーザーン大学学生と、ディジタルフィルタの設計とビートルズの
「Let it be.」のメロディ作成に取り組みました.
4名の本学大学生と大学院生に実験を指導して貰いました.
はじめは,英語でのコミュニケーションに戸惑っていたようですが,そのうちに打ち解けて,スムーズに進行してゆきました。
ちょうど,断食中であったため,ジャーザーン大学学生は当初元気がありませんでしたが,
実験に夢中になると,言葉数も増えて,40 分があっという間に過ぎて行きました.
本学学生・大学院生にとっても、ジャーザーン大学学生と共に貴重な体験になったようです。
本学学生・大学院生の事前の英語の特訓も功を奏したようで,大成功のうちに学生実験の体験は終了しました.

Img_0089
(大石先生(左端)とJazan大学の学生・本校のTA)

見学後は,本校の学生との交流です.
本学キャンパス内にあるボーリング場で汗を流しました.
Img_0095
(本校のボーリング場で勝負!!)

当日はラマダンの最中ということもあり,Jazan大学の学生も教授も朝から何も食べない状態らしく,疲れた様子でしたが,ボーリングは本学学生と一緒に楽しく盛り上がりました.

帰り際,引率のオサマ教授からは「来年もぜひ訪問したい」との感想を頂きました.

2014/07/27

多摩大学附属聖ヶ丘中学校の中学生が「職場見学・職場体験学習」で来校しました.

2014/07/27

多摩大学附属聖ヶ丘中学校では学校行事として「職場見学・職場体験学習」を行っており,
今回5名の生徒がコンピュータサイエンス学部を訪れました.
 
Image001_2


午前中は亀田弘之学部長から「社会とコンピュータ」というタイトルで講義を受けました.

Image002
 
講義の中ではソフトウェア開発に必要な知識とは何かということで,コンピュータの仕組みやプログラミング能力等の技術力だけではなく,プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力,他者理解やリーダーリップなどの人間力が必要ということを学びました.
またこれから勉強すべきことを亀田先生と議論し,グローバルに活躍するための英語力や,新たなサービスを創造するための発想力が大切という意見が出ました.

午後は片柳研究所棟11階にあるコンピュータサイエンスリサーチセンタへ移動し,
教育用Java開発環境であるGreenfootを利用したプログラミング作成体験をしました.

Image004

今回はゲームソフトウェア開発の体験ということで,フィールドを設計し,その上でキャラクタが動作するプログラミングを作成しました.動作はGreenfootに用意されているJavaのメソッドを利用してフィールド上を動いたり,if文などの簡単な制御文を利用して動作がルールに基づいて変化することを確認しました.また最後に大学生がGreenfootを利用して作成したゲームを体験し,その完成度の高さに驚き,どのようにして動いているのかについて熱心に質問をしました.

最後の時間は、今日一日を振り返り、今日の活動の意味を確認しました。
その後、今回の講義およびプログラミンで身に付けたことに対し、修了証を亀田先生から授与してもらいました.

Image006

以上が聖ヶ丘中学校の皆さんの来校報告です.

最後に、亀田先生の感想です.
『中学生たちにとっては、まさに今の時期こそが将来設計のための重要な節目です。
私の中学生時代の体験を1つの例として、中学生の皆さんにとっては、今こそ大いなる飛翔の始めであることをお話しました。
この思いが中学生たちに伝われば嬉しいです。午後はプログラミングの楽しさと難しさを体験してもらいました。
朝10時から午後3時までの短い時間でしたが、中学生たちに新たな目標、生きる力を与えることができたと思います。
中学生だけではなく、高校生も大学生も自分自身の人生を力の限り生きて欲しいです。
多摩大学附属聖ヶ丘中学校の生徒さんたちは、澄んだ目で私の話を聞いてくれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。私にとっても充実した一日となりました。
今日参加してくれた中学生の諸君、本当にありがとうございました。また、機会があればぜひ一緒に勉強しましょう!』

2014/07/23

サウジアラビアのJazan大学の学生と先生が本学を訪れました(1)

2014/07/23

サウジアラビアに25ある国立大学の中でも有数のJazan大学の学生8名と教授1名が
7月2日に東京工科大学コンピュータサイエンス学部を訪れました.

Jazan大学からの訪問は去年に引き続き2回目です.

午前,本学に到着し,最初に教務委員長の市村教授がご挨拶と本学の説明をしました.
Img_0065

午後は,はじめに亀田・渡邊研究室の「認知リハビリテーション用ゲーム開発とサッカーシミュレーション」を見学しました.
Img_0077
(亀田・渡邊研究室で、前列右が亀田学部長、隣がJazan大学オサマ教授、左端が渡邊先生)

それでは研究室所属の大学院1年萩元裕紀君と4年生狩野玲至君に,この時の様子について報告もらいます.

***************************************************************************
亀田・渡邊研究室修士課程1年萩元裕紀です.私の研究室では「ロボカップサッカーシミュレーション」を利用した人工知能の研究を行っています.ロボカップは人工知能とロボット工学の研究者が集まり,2050年までにロボットが人間のサッカーチームに勝つということを目標としている大会です.私たちが参加しているシミュレーションリーグでは,リアルタイムでパスやドリブルなどの行動を決定し,他のプレイヤーと協調し勝利を目指すことができるエージェントを開発しています.

今回,このロボカップサッカーシミュレーションを皆さんに体験してもらいました.体験した方からは,自分の決めた行動でチーム全体の動きが変化し,更にそれによって勝つことができたことが楽しかったという感想を頂きました.
***************************************************************************

***************************************************************************
亀田・渡邊研究室4年の狩野玲至です.私の研究室では日本工学院八王子専門学校と共同で,統合失調症の患者用のリハビリテーションゲームの開発を行っています.このゲームの開発目的と意義を説明し,現在医療機関においても使われているゲームソフト「J-CORES」に含まれている25種類ゲームのいくつかを皆さんにも体験してもらいました.ゲームの中では,特に目的達成まで過程をじっくり考える必要のある迷路ゲームやパズルゲームが人気でした.このゲーム開発の目的はリハビリ支援ですが,普通のゲームとしても十分楽しめるものであったと思います.
***************************************************************************

以上がJazan大学の皆さんの来訪報告(1)です.引き続き報告(2)も是非ご覧下さい.

2014/07/22

平成26年度7月のオープンキャンパスを開催しました!

2014/07/22

コンピュータサイエンス学部広報担当です.
7月21日(日)に八王子キャンパスで夏のオープンキャンパスを開催しました.
東京工科大学を志望されているたくさんの方にご来場いただきどうもありがとうございます.

[学部説明と模擬授業]

新しいコンピュータサイエンス学部には4つのコースがあり,
自分の興味を持った分野を深く学ぶことができます.
学部長の亀田先生からは,学部とコースについての説明がありました.
また、「情報セキュリティを学ぶ」のタイトルで手塚先生が模擬授業を行われました.
暗号の話やフィッシング詐欺,生体認証の話で大きく盛り上がりました.
Dsc_2218

[研究紹介]

夏休み中のオープンキャンパスでは、研究棟A棟の研究室の公開も行っています.
その中の一部を紹介します.

応用情報コース(杉本先生):「香りの印象に点数をつけて分析してみよう」

香りセンサ技術や嗅覚から得られる印象の研究では、色々な匂いのサンプルを使って実験に取り組んでいる高校生もいました.
Dsc_2255

応用情報コース(井上先生) 未来のリビングルームで説明を受けていました.
Dsc_2241

ソフトウェアコース(石畑研究室):「並列処理の世界」

たくさんのCPUを使用して科学技術計算を高速化する方法について紹介していました.
Dsc_2240

システムエンジニアリングコース(竹田研究室):「ビジネスゲームで、経営の実際を体験してみよう」

ビジネスゲームとは、コンピュータを利用して、ビジネスをシミュレーションし、ほかのチームと利益を競うものです.
当日は,レストランゲームを行っていました.皆さんとても真剣でした.
Dsc_2238

ネットワークコース(大石研究室):「音声・画像処理」

世界初の駆動方式により低・中音域を忠実に再生できる超音波モーター駆動スピーカがありました.
Dsc_2232

「Touch!Typing」のイベントでは,在学生と勝負している高校生がいました!
Trr_140721

今後,八王子キャンパスでは,8月2日(土),8月23日(土)にオープンキャンパスが予定されています.できる限り,毎回違う研究紹介やイベントを計画いたします.
気軽に何度でも見に来てください.

そして、東京工科大学が誇る先端技術の数々を是非自分の目で確かめてください.

2014/07/15

研究室の研究紹介シリーズ2:公共情報システムとセキュリティ研究室(教授 手塚 悟)

2014/07/15

  公共情報システムとセキュリティ研究室では,日本が導入を目指している番号制度や電子政府システムに関する技術面,制度面,運用面に至るまで、日本のみならず世界の電子政府の状況をとらえながら研究を進めています.番号制度とは国民全員に番号を与え社会保障や税金の管理の効率化等を行う政策です.また,この他にもデジタルサイネージとキネクト,ARを用いた双方向通信を可能にするシステムや静脈認証システム,オープンデータの利活用等幅広い研究を行っています.
  今回は当研究室にいる陳くんに,先日行われた日本セキュリティ・マネジメント学会での活動内容や研究内容について報告してもらいます.
 
************************************************************************
  こんにちは,手塚研究室の陳崇仁です.先日東京工科大学片柳研究所棟にて日本セキュリティ・マネジメント学会による全国大会が開催されました.

Image003

  この大会は様々な企業や研究機関からの出席者が、セキュリティに関する研究や報告を発表し議論を行う場で,英語セッションもあり,国際的な議論も行われます.また,学生発表も存在し,セキュリティに関する研究を行っている大学生や大学院生も発表します.私も自分の研究内容をこの大会で発表し,様々な方達と議論をし,知識を深めることが出来ました.発表内容は日本と海外の相互電子認証基盤の提案です.これは日本で本人確認を行ったうえで海外の様々なサービスを利用することを実現するためのシステムで,日本の番号制度と深く係わっています.
  本大会の実行委員長が手塚先生であったため,手塚研究室の学生が総出で会場設営・運営を行いました.当日は大きなトラブルもなく無事終了し,誘導や案内を行った学生に対する参加者からの評判も大変良かったとのお声を頂きました.このように研究室が1つとなることで多くのものを得た一日でした!
Image002

  手塚研究室は,日本中の大学でこの研究室でしか取り扱わない未来の技術・社会システムについての研究を日夜行っています.最先端のセキュリティ技術や電子政府システムに興味のある人や体験したい人,ぜひ一度見学に来てください.愉快な研究室メンバーが自分たちの研究内容を分かりやすく,熱く説明します!
Image001

************************************************************************

2014/07/11

平成26年度7月のオープンキャンパスが始まります!

2014/07/11

コンピュータサイエンス学部広報担当です.

7月21日(日)に八王子キャンパスで春のオープンキャンパスを開催します.
東京工科大コンピュータサイエンス学部の面白い研究をいくつか紹介しますので、東京工科大学を志望されている方は是非参加ください.

見どころは次の通りです。
 

[学部説明とコース紹介]
新しいコンピュータサイエンス学部には4つのコースがあり,自分の興味を持った分野を深く学ぶことができます.
学部長の亀田先生からは,学部とコースについての説明があります.


[模擬授業]
「情報セキュリティを学ぶ」のタイトルで手塚先生が模擬授業を行います。
ネットワーク社会では、なぜ情報セキュリティ技術を学ぶ必要があるのでしょうか?
インターネットを活用する場面で、現在どのような課題があるのでしょうか?
今ホットなセキュリティ技術について専門家がお話します。


[研究紹介]
片柳研究所11階で,4つのコースからそれぞれ,面白い研究内容をピックアップし
て紹介します.

ソフトウェアコース(生野先生): 「Androidアプリケーションで健康管理と高齢者安心見守り」
スマートフォンやタブレット用の睡眠時無呼吸感知アプリケーションと遠隔地にお住まいの高齢者見守りAndroidアプリケーションを開発しました。

ネットワークコース(上田先生):「光」はすごーい!
光通信のデモンストレーションを行います.電気だと100mしか伝わりません.光だと50 kmも伝わります.

応用情報コース(杉本先生):「香りの印象に点数をつけて分析してみよう」
香りセンサ技術や嗅覚から得られる印象の研究をしています。香り情報を分析する体験をしてみましょう。

Dsc01231_dxo

片柳研究所11階では、システムエンジニアリングコースの亀田・渡邊先生と中村先生、応用情報コースの井上先生の展示も行います。
Dsc04158
(井上先生のデモ)

あわせて、「Touch!Typing」のイベントも開催します。キーボードのタイピングには、速度と正 確さが要求されます。
在学生とタイピングで勝負してみてください!


[研究室公開]
夏のオープンキャンパスでは、研究所A棟の研究室も公開します。
コンピュータサイエンス学部の学生がどのような環境で研究を進めているのか見てください。小奇麗な研究室から生活感ただよう研究室までいろいろです。

ソフトウェアコース(山元研究室)「見えないものを見てみよう」
実在する現象だけれども目では見えない。そんなものを目に見える形にする方法を紹介します。

ソフトウェアコース(石畑研究室):「並列処理の世界」
たくさんのCPUを使用して科学技術計算を高速化する方法について紹介します.

システムエンジニアリングコース(竹田研究室):「ビジネスゲームで、経営の実際を体験してみよう」
ビジネスゲームとは、コンピュータを利用して、ビジネスをシミュレーションし、ほかのチームと利益を競うものです。この研究室では、現在、2年生の実験で利用しているビジネスゲームの簡易版を体験してもらいます。

ネットワークコース(大石研究室):「音声・画像処理」
世界初の駆動方式により低・中音域を忠実に再生できる超音波モーター駆動スピーカ,補間等を用いて欠損画像から原画像を復元する画像復元などの研究を紹介します。

ネットワークコース(手塚研究室):「生体情報で本人を特定する」
指静脈装置を使い、本人を特定するデモをお見せします。

応用情報コース(グリムベルゲン研究室):「ボードゲームAIの挑戦」
研究室で作成したゲームを紹介します。開発中のAI(人工知能)に挑戦してみよう!
Dsc04206

クラウドサービスセンタ(田胡先生):「学生が構築、運用するクラウドを体験してみよう」
東京工科大学の学生向けITサービスは、学生自身が構築運用しています。実際にサービスを提供しているサーバを利用し、クラウドに用いる大規模な機器やプログラムについてご説明いたします。めったにないチャンスですのでぜひおいでください。

詳しくは,ここを見てください.

今後,八王子キャンパスでは,8月2日(土),8月23日(土)にオープンキャンパスが予定されています.できる限り,毎回違う研究紹介やイベントを計画いたします。

気軽に何度でも見に来てください。

そして、東京工科大学が誇る先端技術の数々を是非自分の目で確かめてください。

2014/07/07

就活サクセスストーリー

2014/07/07

  光エレクトロニクス研究室三田地です。私の研究室では、IT系、通信設備系、家電系、医療機器メーカー、エレベータや防犯などの設備系企業など、幅広い業界に学生が就職し、2011年度~2013年度の3年間連続で内定率100%を達成しています。今回は、3月中に早々と複数社から内定を頂き、第一希望であったIT系の大手企業に内定しているH君の就活体験談を紹介します。

  昨年秋からの創成課題(3年生の後期に研究室配属が行われ、卒業研究や就職活動の準備を行う)や、写真に示すような12月初旬の学内で開催された合同企業説明会などにおいて積極的に活動していたH君は大変印象的でした。その積極性が買われ、H君は三田地研4年生の幹事(卒研ゼミの取りまとめ役)もしています。
Photo

以下、H君の就活体験談と後輩へのアドバイスです。

*****************************************************************************************
就活体験記
                                        コンピュータサイエンス学部 三田地研 H. K.

私の就職活動を順に振り返り、知識と経験を共有することにより、皆さんの就活に役立てばと思い筆を執りました。

【12月】

私たちの代では12月より企業のプレエントリーが始まり、12月4日に学内にて企業説明会がありました(写真参照)。この企業説明会までは、就活なんてまだ先の事だと漠然としか考えていませんでしたが、説明会当日に様々な企業の方から仕事のやりがいなどのお話しを伺い、就活への意欲が高まりました。企業説明会終了後、マイナビやリクナビにて12月中に説明会を行っている企業を中心に20件程プレエントリーを行い、説明会の予約を4件入れました。この時期の説明会参加者は多くて30人程度と少人数がほとんどで、結果等がすぐに帰ってくることが多かったため面接や筆記試験をすぐに受けられ、就活本番の感覚を得ることができました。

【1月】

12月中に面接を受けた企業3社から1次面接の結果を受けとりました。2社は合格していたため2次面接に来て欲しいとの返事が来たのですが、1社からは不合格の通知であったため大変落ち込み、焦りからプレエントリーを30件程行いました。三田地先生からは創成課題の時間に、少なくとも30社以上にプレエントリーするように、また30社を第一希望クラス、第二希望クラス、第三希望クラスに分類して、各社どの段階まで進んでいるか(ダメだしが出た場合の原因や反省を記入した)就活進捗状況エクセルファイルを毎週末メール報告するように指導を受けました。

【2月】

この時期から説明会の参加者が増え、説明会の予約を取る事すら困難になり、結果などの返事も受けてから2週間後などが多く、なかなか先に進むことができませんでした。そこで、すぐに説明会を受けられる企業にプレエントリーし、時間の許す限り企業を回っていました。この時期に多くの面接をこなせたため、志望度の高い企業の面接に対し上手に立ち回れるようになったと考えています。

【3月】

3月前半に家電系最大手企業Y株式会社(第二希望クラス)から内定をいただきました。これで就職はできると安心感が生まれ、余裕ができ、今までよりも面接を上手にできていたと思います。内定をいただいた直後に第一志望であった東証一部上場(従業員1万人強)の大手Fソフト会社の最終面接があり、万全のコンディションで受けることが出来ました。そして3月後半にFソフト会社から内定を頂けたため就活を終了しました。

結果として、早期からの行動を心掛けていたため、同時期に就活を行っていた人達より経験を多くこなすことが出来、選考で自分のことをうまくアピールできるようになったのだと考えています。

【後輩へのアドバイス】

以上の事から、早期から行動し始めたことにより経験を多く積むことができ、本当に行きたい企業に対して万全の状態で挑めたため、私の就職活動はうまくいったのだと考えています。みなさんも早期からの行動を心掛ければ希望する企業から内定を頂けると思うので、頑張ってください。

************************************************************************************************

2014/07/01

研究室の研究紹介シリーズ 1 システム・アーキテクチャ研究室(教授 石畑宏明)

2014/07/01

システム・アーキテクチャ研究室では、多数のCPUを利用する並列処理技術の研究を行っています。超高速の計算を行える計算機にスーパーコンピュータがありますが、これは、数百から数万台のコンピュータを通信ネットワークで接続したものです。大きなものでは体育館ほどの部屋一杯にコンピュータが詰まっています。これらの多数のコンピュータを同時に使うことで高速な大量計算を実現します。詳しくはホームページを見てください。
たくさんのコンピュータが協調して処理を行うためには、コンピュータ間同士の通信が効率よく行えることが重要で、当研究室の修士学生の菅生君は、多数のコンピュータ間の通信状況の可視化について研究していますので、それを紹介してもらいます。

こんにちは、石畑研究室の菅生伸也です。私が行っている研究は、理化学研究所の「京」コンピュータのような数万台ものコンピュータからなるスーパーコンピュータで計算を行った時に、それぞれのコンピュータ間でどのような通信が行われたかを可視化することです。国際会議での発表を行った先輩の研究を引き継ぎ、さらに発展させることを狙っています(ブログ1 およびブログ2参照)。

表示すべきデータ量が多いので3次元的に表示をしていますが、奥の方に配置されたものが前のものに隠れて見えなくなることが問題になっています。透過的に表示するなどしてこれを解決しようとしています。また、大規模なシステムのコンピュータ間通信の可視化では、単純にその通信の状況を表示するだけでは、全体の様子を把握することは困難です。数百万の通信の様子を個別に見ても人間には理解できないので、うまくグループ化して表示することを検討しています。

東京工科大学では、最新の技術に触れた時の驚き、既存の技術ではできなかったことを解決できた時の喜び、新たなものを作り出す楽しさを知ることができます。並列処理やスーパーコンピュータに興味がある方は、ぜひ一度研究内容を見に来てください。

Photo
写真1  開発中の可視化システムと菅生君

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »