« 9月14日(日)にオープンキャンパスを開催しました。 | トップページ | 山元研I君による今後就活する後輩へのアドバイス-その1 »

2泊3日のサイエンスキャンプが開催されました。

2014/10/08

コンピュータサイエンス学部長です。

平成26年8月21日(木)~23日(土)、
2泊3日のサイエンスキャンプが開催されました。

プログラミング導入教育のために開発された
オープンソースソフトウェアGreenfootを用い、
ゲームソフトウェア開発を実際に体験するというものです。

1greeps

まず、作成するゲームの概要説明を聞き、最終目標を理解し、
その後、講師の説明を聞きながら、
それと同時に分からないところは仲間と教え合いながら
実践的(hands-on)にJava言語を用いたプログラミングを学んでいきました。

2

このサイエンスキャンプは、ゲームプログラミングを通して
プログラミングの一端を垣間見るとともに、
単にプログラミングだけではなく「ソフトウェア開発」全般についても
見識を得るために、
ソフトウェア工学の講義を聞いてもらいました。

ちょっと頭が疲れて眠気がさしそうになったところで、
いよいよゲーム開発の練習を行いました。

まずは個人でゲームプログラミングの要素的技術を
試しながら学び、楽しさと仕組みを学びました。

311

2日目も引き続きプログラミング体験を積むとともに、
目標とするゲームの制作をチームで議論しながら行いました。

421

各チーム創意工夫したプログラムを持ち寄りゲーム大会を行い、
お互いの学びの成果を確認し合い、楽しい時間を過ごしました。

51

最終日は、ソフトウェア開発に書くことのできない
プロジェクトマネジメントをRPGゲーム形式で体験するとともに、
今後ゲームを自作するのに役立つ情報を学びました。

このようにサイエンスキャンプは、
PBL(Project-Based Learning)として設計されていたため、
初心者でも無理なく受講することができました。
仲間と一緒に楽しく,ソフトウェア工学、
プロジェクトマネジメントの知識とともに、
自分のゲームを自分で作れるようになるための基礎力を
部分的にでも身に付けることができたと思います。

最後に次なる目標を各自考えてもらい、
このサイエンスキャンプを基に新たな目標に向かって元気よくスタートを
切ってもらいました。

なお、このサイエンスキャンプは大学の先生や大学職員だけではなく、
大学生たちも快く協力してくれました。

皆さんに感謝します。

61

なお、このサイエンスキャンプに興味ある人は、
コチラにもアクセスしてみてください。

« 9月14日(日)にオープンキャンパスを開催しました。 | トップページ | 山元研I君による今後就活する後輩へのアドバイス-その1 »