« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/30

8月9日にオープンキャンパスを行ないます!

2015/07/30

コンピュータサイエンス学部広報担当です。

8
9日(日)に八王子キャンパスでオープンキャンパスを開催します。


今年度3回目のオープンキャンパスでは、東京工科大コンピュータサイエンス学部の面白い研究をいくつか紹介します。東京工科大学を志望されている方は是非参加ください。


見どころは次の通りです。


[学部説明とコース紹介]

コンピュータサイエンス学部には4つのコースがあり、自分の興味を持った分野を深く学ぶことができます。

竹田先生からは、学部とコースについての説明があります.

171_3 (竹田先生)

 

[模擬授業]

「コンピュータとゲーム機器の本当の実力」のタイトルで生野先生が模擬授業を行います。

コンピュータやゲーム機器の「速い」って何で決まっているのでしょうか?昨今のコンピュータ事情,スーパーコンピュータ今昔物語と合わせてお話します。

 
Image002 (生野
先生

[研究紹介]

片柳研究所11階で,4つのコースからそれぞれ,面白い研究内容をピックアップして紹介します.


ソフトウェアコース(生野先生): 「E-Health Care(良いヘルスケア)アプリケーションの開発」

皆さん、健康ですか?アンドロイドやアンドロイドウエアを使った、ヘルスケアアプリケーション開発を行っています。

 

ネットワークコース(大石先生): 「信号処理」

世界初の駆動方式により低・中音域を忠実に再生できる超音波モーター駆動スピーカ、自動採譜、音源分、画像復元などの研究を紹介します。


応用情報コース(吉村先生): 「分子層成長法による太陽電池の増感と自己組織化光導波路」

分子を1つずつ配列する分子層成長法(MLD)を用いた太陽電池の増感、およびコンピュータの高性能・低電力化に必要な光インタコネクトの導波路自己組織化を紹介します。

 

クラウド(田胡先生): 「クラウドを知ろう」

皆さんが使っているPCやスマホのサービスは、クラウドから提供されています。東京工科大学でも、クラウドを用いて学習を支援しています。これは、学生が自ら開発したものですので、中身の構造や開発の体験談が聞けます。身近に体験してみましょう。

 


片柳研究所11階では、システムエンジニアリングコースの亀田・渡邊先生と応用情報コースの竹田先生、井上先生、の展示も行います。

 

「見て、触って、話せるデバイスでエンターテイメントを体験しよう!」

話して相談するコンシェルジュデバイスや、仮想環境・新しいコントローラを利用した先進型ゲームなどを体験することが出来ます。

 

 

 

「オープンデータと市民の力で豊かな社会づくりを目指す」

八王子の市民エンジニアと協働し、ICTによる社会問題の解決を目指します。国内でこのような目的で開発された複数のアプリを体験できます。

2030年のビデオゲーム」

15年後、ビデオゲームはどんな形に進化しているのでしょうか。我々が「臨場感」と「コミュニケーション」にこだわって作ったシステムを体験してみてください。

 

また、「ゲームセンターCS」と「学生によるキャンパスライフ紹介」の2つのイベントも合わせて開かれます。

 

研究室公開では、ソフトウェアコースの山元研による「見えないものを見てみよう」、システムエンジニアコースの木下研による「インターネットを安全に使うために」、ネットワークコースの手塚研による「生体情報で本人を特定する」と伊藤研による「ドローンを飛ばそう!」、応用情報コースの松下研による「身体の動きをとらえるセンサとその応用」が見られます。

 

詳しくは、ここ を見てください。

今後も、八王子キャンパスでは、822日(土)にオープンキャンパスが予定されています。できる限り、毎回違う研究紹介やイベントを計画いたします。


気軽に何度でも見に来てください。

 

2015/07/21

7月19日のオープンキャンパスは盛況でした!

2015/07/21

コンピュータサイエンス学部広報担当です.
 
7月19日(土)に八王子キャンパスで夏のオープンキャンパスを開催しました.
 
気温が30度を超えるとても暑い中,東京工科大学を志望されているたくさんの方に足を運んでいただきました.
どうもありがとうございます.
 
当日の様子をお伝えします.
 
 
[学部説明と模擬授業]
 
学部長の亀田先生による学部説明では,ICT技術が今の世の中にどのように役立っているか,そして,今後体系的なICT技術を身に付けたエンジニアが世界の発展に必要不可欠であることを,身近な事例や最新の動きとともに伝えられました.
 
その上で,体系的なICT技術の基盤を身につけるためのコンピュータサイエンス学部のカリキュラムやコースがどのようになっているか,そして,そのような教育の結果として生まれる,研究上の成果や学生の活躍,質と量の両面での充実した就職状況についての説明がありました.
 
Dsc_0734

Dsc_0735

学部説明に続いて、「脳を活性化させるパターン」のタイトルで,宇田先生の模擬授業が行われました.

視覚と脳の活性化についての研究についての簡単な講義の後,見ただけで脳が活性化するパターン(模様)を印刷した下敷きをみなさんにお配りし,その模様を見るだけで計算能力が上がるかの実験を一緒に行ないました.

Dsc_0748

Dsc_0749  

[研究紹介]

片柳研究所11階では、コンピュータソフトウェア、システムエンジニアリング、ネットワーク、応用情報の4つのコース,そしてクラウドサービスセンターからそれぞれ、研究内容が紹介されました。
実際に体験してもらいながら,研究内容を知って頂く展示を多くの方に楽しんでもらいました.

Dsc_0752

Dsc_0755
 
Dsc_0765

Dsc_0779

Dsc_0791

Dsc_0794

Dsc_0829

Dsc_0825_2
 
また夏のオープンキャンパスでは研究棟A棟の研究室の公開も行われました.
片柳研究棟から研究棟A棟へは,キャンパス中央にあるゆるやかな坂を上がることになります.実際に歩いていただくことで,八王子キャンパスの広大さを感じられた方も多かったようです.

Dsc_0751
研究室は,部屋の雰囲気含め研究内容,機材などそれぞれ個性があります.
研究内容の幅の広さと,普段の研究生活の様子の両方を知っていただけたのではないかと思います.

Dsc_0798

Dsc_0808

Dsc_0815

今後も,八王子キャンパスでは,8月9日(日),8月22日(土)にオープンキャンパスが予定されています.できる限り,毎回違う研究紹介やイベントを計画します.
気軽に何度でも見に来てください.

そして、東京工科大学が誇る先端技術の数々を是非自分の目で確かめに来てください.ICT技術の可能性と,みなさんの将来の可能性を感じられるきっかけになるオープンキャンパスにしたいと思っています.

お待ちしています!

2015/07/10

7月19日にオープンキャンパスを行ないます!

2015/07/10

コンピュータサイエンス学部広報担当です.

7月19日(日)に八王子キャンパスでオープンキャンパスを開催します.
 
今年2回目のオープンキャンパスでは,東京工科大コンピュータサイエンス学部の面白い研究をいくつか紹介します.東京工科大学を志望されている方は是非参加ください.
 
見どころは次の通りです。
 


[学部説明とコース紹介]

コンピュータサイエンス学部には4つのコースがあり,自分の興味を持った分野を深く学ぶことができます.

学部長の亀田先生からは,コンピュータサイエンスが世の中でどう必要とされているかや,そのコンピュータサイエンスをこの東京工科大学で学ぶ意味についての熱い説明があります.
Image001_2_1
(亀田先生)
 


[模擬授業]

「脳を活性化させるパターン」のタイトルで宇田先生が模擬授業を行います。
見ただけで脳が活性化するパターンとはどのようなものか?それを実際に見て,どのように脳が活性化するかを実際に体験する講義です。これを受ければ試験・受験も怖くなくなる?!
 
56_2


[研究紹介]
片柳研究所11階で,4つのコースとクラウドサービスセンターの面白い研究内容をピックアップして紹介します.

ソフトウェアコース(宇田先生): 「見てわかる情報セキュリティ」
見てわかる、そんな情報セキュリティ技術を紹介します。

ネットワークコース(三田地先生):光ファイバを用いたセンサ技術面白いよ!
光ファイハ゛型睡眠時無呼吸センサで自分の呼吸波形を捉え、無呼吸状態を検知する実験をします。

応用情報コース(菊池先生):「ヒトはどのようにモノを見るのか」
視知覚を中心に,脳の中で行われる情報処理の仕組みを解き明かすための取り組みを紹介します

クラウドサービスセンター(田胡先生):「クラウドを知ろう」
皆さんが使っているPCやスマホのサービスは、クラウドから提供されています。東京工科大学でも、クラウドを用いて学習を支援しています。これは、学生が自ら開発したものですので、中身の構造や開発の体験談が聞けます。身近に体験してみましょう

システムエンジニアリングコース(亀田先生):「見て、触って、話せるデバイスでエンターテイメントを体験しよう!」
話して相談するコンシェルジュデバイスや、仮想環境・新しいコントローラを利用した先進型ゲームなどを体験することが出来ます。

システムエンジニアリングコース(竹田先生):「オープンデータと市民の力で豊かな社会づくりを目指す」
八王子の市民エンジニアと協働し、ICTによる社会問題の解決を目指します。国内でこのような目的で開発された複数のアプリを体験できます。
 
応用情報コース(井上先生):「2030年のビデオゲーム」
15年後、ビデオゲームはどんな形に進化しているのでしょうか。我々が「臨場感」と「コミュニケーション」にこだわって作ったシステムを体験してみてください。

また,「ゲームセンターCS~リズム感ゲームに挑戦~」のイベントも開催します。松下研究室で開発したリズム感測定ゲームを体感できます.さあ,リズム達人の称号をゲットだ!


[研究室公開-研究所A棟]
夏のオープンキャンパスでは、研究所A棟の研究室も公開します。
コンピュータサイエンス学部の学生がどのような環境で研究を進めているのか見てください。小奇麗な研究室から生活感あふれる研究室までいろいろです。

ソフトウェアコース(石畑研究室)「並列処理の世界」
たくさんのCPUを使用して科学技術計算を高速化する方法について紹介します.

システムエンジニアリングコース(山口研究室):「仕事の中の価値を生む瞬間を見つけよう!」
私たちの身の回りにはいろんな仕事(作業)があります。アルバイトや勉強も作業の一つ。でも、忙しい作業の中で価値を生んでいる作業はごく一部です。価値を生む瞬間を見つける"目"を持り、時間を有意義に使える方法を学びましょう.

ネットワークコース(大石研究室):「音声・画像処理」
世界初の駆動方式により低・中音域を忠実に再生できる超音波モーター駆動スピーカ,補間等を用いて欠損画像から原画像を復元する画像復元などの研究を紹介します。

ネットワークコース(大石研究室):「ドローンを飛ばそう!」
最近巷を賑わせてるドローン。このドローンには様々な社会に役立つ利用用途があり将来が期待されております。 伊藤研究室ではこのドローンを使った研究を行っております。皆でドローンを飛ばそう!!

応用情報コース(目黒研究室):「インターネットを用いた新しいサービスやアプリを考えてみよう!」
インターネットを用いた様々なサービスやアプリは、私たちの日常生活に欠かせません。高校生らしい視点で、ぜひ新しいインターネットサービスやアプリを考案してみてください。
 
詳しくは,ここを見てください.

今後も,八王子キャンパスでは,8月9日(日),8月22日(土)にオープンキャンパスが予定されています.できる限り,毎回違う研究紹介やイベントを計画いたします。

気軽に何度でも見に来てください。

2015/07/03

6月21日(日)にオープンキャンパスを開催しました

2015/07/03

コンピュータサイエンス学部広報担当です。

6月21日(日)に八王子キャンパスでオープンキャンパスを開催しました。

東京工科大学に興味を持たれている多くの方々に足を運んでいただきました。

当日の様子をお伝えします。

[学部説明と模擬授業]

亀田弘之学部長からは、「コンピュータサイエンス学部が求める人材」についての話がありました。
Dsc_0656
Dsc_0660
教室に入りきらない人数でした。本当に溢れてしまい、急遽、隣の教室でも予備で説明を行いました。会場を埋め尽くす来場者に驚きです。

学部説明に続いて、ライエル・グリムベルゲン教授による模擬授業が行われました。グリムベルゲン教授が日本に来た話などもあり、高校生にとっては入学後の楽しさも体感できる授業でした。
Dsc_0669

[研究紹介]

片柳研究所11階では、コンピュータソフトウェア、システムエンジニアリング、ネットワーク、応用情報の4つのコースからそれぞれ、研究内容が紹介されました。

コンピュータソフトウェアコースでは、「見てわかる情報セキュリティ」の研究紹介が行われました。
Dsc_0672
Dsc_0722
スマートフォンの画面をロックする最新技術や、スマートフォンを安全に使用する技術の紹介が、デモ映像を交えて説明されていました。

ネットワークコースでは、「『光』はすごーい!」という技術の紹介が行われました。光通信のデモンストレーションが行われ、電気では100mしか伝わらないものが、光では50kmも伝わる仕組みが体感できました。

応用情報コースからは「何故コンピュータは将棋のプロに勝つことができるのか」という展示が行われました。
Dsc_0703
将棋の次の一手に関する研究ですが、展示を行っているのはオランダ人であるライエル・グリムベルゲン教授の研究室です。将棋も世界的になりました。

応用情報コースからは「未来のビデオゲーム」や「触れるスクリーン」の展示も行われました。
Dsc_0653
液体のスクリーンに手を入れています。現実なのか仮想なのか区別が付かない迫力です。

Dsc_0685
Dsc_0708
ヘッドマウントディスプレイを装着し、ゲームの世界に没入できます。

システムエンジニアリングコースでは、「見て,触って,話せるデバイスでエンターテイメントを体験しよう!」という展示が行われました。
Dsc_0690
Dsc_0707
亀田弘之学部長の研究室からの展示です。高校生も熱中していました。

システムエンジニアリングコースからは、「オープンデータと市民の力で豊かな社会づくりを目指す」という展示も行われました。
Dsc_0733
ビッグデータの活用方法について説明がありました。

コンピュータサイエンス学部では女子も活躍しています。理系の女子もどんどん増えています。
Dsc_0652
Dsc_0673

教員相談コーナーでは、大野澄雄教務部長に相談に乗ってもらえました。
Dsc_0684
さすが教務部長、的確なアドバイスです。

今後も、八王子キャンパスでは、7月19日(日)にオープンキャンパスが予定されています。受験をするのは来年度という人も、是非見に来てください。

東京工科大学が誇る先端技術を紹介していたスタッフの多くは、数年前に高校生としてオープンキャンパスに来ていた人たちです。高校生の皆さん、東京工科大学のオープンキャンパスに是非来てください。数年後、今度は皆さんが先端技術を紹介する側になっているかもしれません。

2015/07/02

南極から戻ってきました

2015/07/02

コンピュータサイエンス学部広報担当です。

東京工科大学コンピュータサイエンス学部の2007年度卒業生が、南極で14ヶ月の勤務を終え、日本に戻ってきました。濱田彬裕さん(KDDI勤務)による講演が、7月22日(水)に八王子キャンパスで行われます。

Shirase
海上自衛隊の砕氷船「しらせ」と濱田彬裕さん

2015年7月22日(水) 13:15~14:45
濱田彬裕さん 招待講演 八王子キャンパス 講義棟D301

濱田さんは、KDDI代表として出向先の国立極地研究所にある「LAN・インテルサット」という部門に所属し、南極観測隊員として昭和基地に派遣されました。昭和基地の通信環境を守る、重要な部門です。基地内および、基地と日本とのネットワーク全般を運用保守しました。南極勤務は社内でも非常に人気がある部署で、濱田さんはものすごい倍率を勝ち抜き、南極観測隊のポジションを獲得しました。南極にはKDDIから1名しか行くことができません。

Jare55
第55次日本南極地域観測隊の写真です。

Maintenance
通信機器をメンテナンスしているところです。

Shelter
インテルサットのシェルターです。濱田さんは一人でここを14ヶ月死守しました。

Aurora
南極のオーロラは綺麗です。

Arrows
南極から日本は遠いです。

Hair
髪の毛も凍りつきます。

ここにもお知らせが掲載されています。

聴講は無料です。どなた様もお気軽にご来場ください。

講演終了後に座談会も有ります。東京工科大学での学びが、就職後にどのように生かせるのか、本人に直接尋ねられます。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »